« 道しるべ〜第2しもざと通信〜 | トップページ | 道しるべ~第2しもざと通信~ »

道しるべ〜第2しもざと通信〜

「しっかり動いて美味しいものを食べる、もっと元気な生活」

 透析も落ち着いてきますとかなり栄養価の高いもの、たんぱく質、炭水化物、糖質などしっかりとるように私は指導します。
 多くの方はこれに納得され実践されますが、糖尿病から腎不全になって透析に入られる方は「?」という表情をされます。なぜなら、糖尿病発症から当院に紹介されるまでの間、糖分を控えたかなり厳しい低カロリー食の指導を長年にわたって受けてこられた為です。この糖尿病食の基本は腎不全になっても不変なことだと思い込んでおられます。ところが、この考え方には、大きなワナが潜んでいるのです。透析に入られてから、この低カロリー食を続けると確実に貧血は進み全身の筋肉量の低下(体重減少)を招くというワナです。私は、糖尿病の患者さんにはそれまでの発想を逆転してもらい、毎日十分なカロリーと栄養(肉、魚)をとって頂くようにアドバイスしたいのです もしそのことで血糖が上がるならば、インスリンの量を増やしたり、血糖降下剤の内服を工夫させて頂くことになります。
 基礎体重(ドライウエイト)が一年間あまり変化のない患者さんがおられますが、その方々は栄養管理がしっかりと出来ているのです。一方基礎体重を少しずつ下げていかなければならない方は、日々の栄養不足によって全身の筋肉量が落ち、痩せてこられた結果なのです。糖尿病の方や、高齢の方は、特にこれらのことを十分意識して実践していないと、どんどん痩せられて基礎体重も落とさざるを得なくなります。
 私はさらに、散歩(60分程度)と運動・スポーツ(筋トレ・リハビリ)を取り入れ、筋肉量の低下を予防することを推奨します。
 自分の筋肉を日頃からて意識して鍛えておかないと、筋肉は確実に衰えるのです。ひいては、歩行が困難になったり、いわゆる寝たきりになってしまうのが早まるのです。これは、ご家族の援助が必要であったり、お金もかかる(スポーツクラブ)ことになりますが、全国の透析患者さんの状況を目の当たりにすると声を大にして言わざるを得ません。
 水分摂取、高カリウム食品や高リン食品への注意を払いながらのカロリーの補充や栄養摂取はなかなか困難かもしれませんが、少しずつ食品を吟味(「食品成分表(市販)」を日常的に活用)する能力を身に着けていただき、かつ散歩、スポーツの取り入れ(スポーツクラブでプール歩行など)を習慣的に行い全身の筋肉量の減少を少しでも防ぐよう心掛けていただきたいのです。

栄養状況の「良好さ」を皆さんの定期採血の結果からおおよそ判断できます。栄養状況の「良好さ」を皆さんの定期採血の結果から

  1. 総たんぱく:6.0以上あること
  2. ヘマトクリット:30.0以上あること
  3. 尿素窒素(透析前):男性 80〜100程度                         女性 70〜90程度                       (但し、体重の少ない方高齢者はもう少し低い)                         

参考にしてください。

|

« 道しるべ〜第2しもざと通信〜 | トップページ | 道しるべ~第2しもざと通信~ »

心と体」カテゴリの記事