« 高血圧はなぜ怖い? | トップページ | ~透析患者さんの高血圧症には~ »

~降圧剤の実際~

①Ca(カルシウム)拮抗剤

  • アムロジピン(5)
  • アムロジン(5)
  • アダラートCR(20) (40)
  • アダラートL(10) (20)

②アンジオ変換酵素阻害剤(ACE)

  • エースコール(2)
  • プレラン(1)
  • レニベース(5)

③アンジオテンシンⅡ(AⅡ)受容体拮抗薬

  • イルベルタン(100)
  • ブロプレス(4)
  • ディオバン(80)
  • ミカルディス(40)

④β遮断剤

  • アーチスト(10)
  • メインテート(2.5)

⑤利尿剤

  • ラシックス
  • ダイアート

⑥α遮断剤

  • カルデナリン(1)
  • ミニプレス(0.5)
  • エブランチル(15)

⑦中枢性作動薬

  • アルドメット(250)
  • ワイテンス(2)
  • カタプレス

~降圧剤のポイント~

※降圧効果を高めるときは単独の薬を増加するのではなく作用機序の違う他の薬を併用する方が副作用は起こりにくいと言われています。
※一日一回投与の薬から開始しますが、昼間、夜間の血圧を観察しながら昼夕に服用することもあります。
 一般的には(一次性高血圧の方、腎機能が良好な方など)上記一剤で効果不十分であれば
①と② ①と③ ①と④ ①と⑥ ①と⑦
②~④のいずれかと⑤との併用をします。

☆高齢の方には
 ①②③と⑤を組み合わせます。
☆腎不全のある方には
 ①を中心に ①+④ ①+⑥ ①+⑦
 ②と③は慎重に投与します。
☆慢性腎臓病を伴う方には
 ①と③を中心に。

|

« 高血圧はなぜ怖い? | トップページ | ~透析患者さんの高血圧症には~ »