« 腎臓の機能障害の原因 | トップページ | ~慢性腎炎症候群(慢性腎臓病)~ »

尿酸のコントロール、~糖尿病・透析の血糖コントロールの実際~

<尿酸のコントロールについて>

ポイント

① 一般的に UA≧7.0    高尿酸血症という

② 持続すると痛風発作・尿路結石の誘因に。

③ HD者   尿酸の尿への排泄低下によるもの。   高値となることはやむを得ない!

④ 薬の投与(例 アロシトール=合成阻害剤)     一般的にUA≧9.0(目安)      

(副作用出やすい為(発疹、肝障害)

HD者には薬物投与は積極的ではない!

⑤ 痛風の経験者であれば    UA≧10.0メドで投薬する方針

⑥ 他の薬剤の投与が多いこと    優先順位は少し低いので

UA8~10のレベルでは      他の薬の量による。

少なければ投与へ

~糖尿病・透析の血糖コントロールの実際~

 

ポイント

① すでに透析期に到ってきているから、厳格なBScontrolの時期ではないこと。

② 透析期ということは、既に合併症(神経、眼、動脈硬化)が進行しており、厳格なBScontrolが上記症状改善するという実証は無い。

    腎不全であり、必要とされるインスリン量は減り、見かけ上血糖はよくなることが多い

インスリンOFFも可能

    低血糖は高血糖よりも危険である(眼科も低血糖発作の方を恐がっている!)

(非インスリン)   (インスリン使用)

     随時BS     70200       150250

HbA1c      6.5以下       7.5メド

    透析液ブドウ糖濃度= 100/㎗  に設定。

    インスリンは透析されない!

    透析後にインスリン作用が前面に出る    低血糖起こし易い

    高齢者・自律神経機能障害(+)により、低血糖の自覚 伴いにくい!

    インスリン : HD日は非HD日より少なくする。

    いわゆるDM専門医    HD者のBScontrolは困難!

  <透析患者さんは、全ての疾患で『別世界』であることを前提とすること。>

 第2しもざとクリニック

院長 

|

« 腎臓の機能障害の原因 | トップページ | ~慢性腎炎症候群(慢性腎臓病)~ »

心と体」カテゴリの記事