« 2010年5月 | トップページ | 2011年2月 »

~腎炎の臨床像と腎生検による組織像から4群に分類されます~

腎炎の臨床像と腎生検による組織像から4群に分類されます
   (腎生検時の組織所見:臨床像から4群に分類)
      (
組織像のみでは長期予後の正確な予知は困難


A 予後良好群(透析に到る可能性がほとんど無い)
・蛋白尿(十)・血尿(十)  程度(定性)、血圧正常群の場合(持続)
             尿蛋白(<0.3g/日)(持続)

B 予後比較的良好群(透析に到る可能性かなり低い)
・ 蛋白尿(十)~(十十)
・血尿(十)~(十十) 程度(定性)、尿蛋白≪0.5g/日(持続)
血圧も一般には正常(持続)

C 予後比較的不良群(20年以内に透析に移行する可能性あり)
蛋白尿0.8~2.0g/日
・クレアチニン値1.3~1.5mg/dl
・クレアチニンクリアランス(CCr)50-79ml/min/分
・高血圧140-160/90mmHg 以上の持続

D 予後不良群5年以内に透析に移行する可能性がある)

蛋白尿≧2g/日が持続
  ・ クレアチニン値1.6mg/dl以上
  ・ クレアチニンクリアランス.< 50.0ml/日
  ・高血圧160mmH /95以上の持続




・第2しもざとクリニック 腎臓内科 下郷泉

|

~IgA腎症(例えば)としたら~ 治療戦略

~IgA腎症(例えば)としたら~ 治療戦略

1 生活、仕事、学業、運動も普通で可(但し過激な状況は避けたい)
2 塩分の制限は守りたい(8g/日以内目安)
(蛋白尿<0.2g/日)検尿で経過観察を
3 蛋白尿>0.3g/日 : 抗血小板剤
蛋白尿>0.5g/日
抗血小板剤
(コメリアン(100)3Tab 3×N)(IgA腎症に保適)(ペルサンチンL(150)2cap 2×N)(ステロイド抵抗のネフローゼ)

ACE阻害剤 (レニベース、 エースコール、ロンゲス、タナトリル)

AT1受容体拮抗薬 (プレラン、 ニューロタン、ディオバン、  ブロプレス、ミカルディス)













 腎保護作用  降圧剤
   
 抗凝固薬療法を行う(ワーファリンの服用)       
    

腎機能が正常範囲(CCr>80ml/min)
(クレアチニン 1.3mg/?以下)で
尿蛋白が1-2.0g/日前後の時

上記に加えステロイド療法を施行したい(抗血小板剤の併用)

 治療計画(成人)
プレドニン(5) 6錠/日×8週 その後 減量:2-3錠/日×2~3年間ソルメドロール500-1000μg/日×3日間の点滴(パルス療法):活動性の強い組織病変が存在する場合

 第2しもざとクリニック  腎臓内科 下郷 泉

|

~IgA腎症(腎生検にて診断組織病名)の臨床像~

~IgA腎症(腎生検にて診断組織病名)の臨床像~

日本人に一番多い腎炎です
小児~成人 幅広く発症(発症年齢ピーク 10-20才台)する
70%は、検診などの偶然の機会に蛋白尿/血尿として発見される
10%は、上気道・消化管の感染直後の肉眼的血尿にて発見される
一般的に無症状であるが、一時的に寛解することはあっても
生涯にわたり持続することが多い
高血圧を伴ない、ネフローゼレベル(3.5g/日以上)まで蛋白尿が増加して腎不全に到ることが多い
約1/3~1/2の症例で血清IgAの高値が認められる。(315mg/?以上)腎生検による腎病理組織像(糸球体の観察)が唯一の確定診断。
免疫組織法(蛍光抗体法)でメサンギウム領域主体にIgA沈着を認める。
発症後 10年 : 10%     20年 : 30%が末期腎不全に進行する。
生活、仕事、学業、運動等に注意を要する場合があります。
食事は、食塩の制限(8g/日以内)が最も重要です。
扁桃腺肥大や反復炎症を呈する場合、扁桃摘出術(耳鼻咽喉科)の適応有り。(現在、有効性は検討中)
高血圧症、高脂血症等の合併例や、脱水、上気道炎のくり返しは、腎炎を悪化させます。

 第2しもざとクリニック  腎臓内科 下郷 泉

|

~慢性腎炎症候群(慢性腎臓病)~

~慢性腎炎症候群(慢性腎臓病)~

持続する蛋白尿  を呈し、ゆるやかな経過をたどり腎機能の低下をきたす病態をいいます。
血尿
高血圧症
一次性(進行型)には、
IgA腎症などのメサンギウム増殖性糸球体腎炎、膜性腎症、膜性増殖性糸球体腎炎、巣状糸球体硬化症 etc がある

二次性には、
膠原病、糖尿病、慢性関節リウマチ、血管炎 etc がある 
職場検診、学校検尿、外来受診時(他の病気で)
偶然に発見された蛋白尿、血尿
Chanced proteinuria / hematuria
無症候性蛋白尿、血尿と呼びます。(潜在型腎炎)
腎機能が低下すると慢性腎不全から、血液透析に到る可能性が高くなるだけでなく、心臓血管病(狭心症、心筋梗塞、脳血管疾患など)の危険因子でもあるため、腎機能が明らかに低下する前から早期に対策を練る必要がある。

自覚症状は少なく、多くは進行性である。継続して専門医の診療をお受け下さい。

食事療法、ライフスタイルの改善、血圧のコントロール、脂質異常の改善などが大切です。

 第2しもざとクリニック  腎臓内科 下郷 泉

|

« 2010年5月 | トップページ | 2011年2月 »