« ~IgA腎症(例えば)としたら~ 治療戦略 | トップページ | ~腎炎の臨床像と腎生検による組織像から4群に分類されます~ 前頁ABCDについて »

~腎炎の臨床像と腎生検による組織像から4群に分類されます~

腎炎の臨床像と腎生検による組織像から4群に分類されます
   (腎生検時の組織所見:臨床像から4群に分類)
      (
組織像のみでは長期予後の正確な予知は困難


A 予後良好群(透析に到る可能性がほとんど無い)
・蛋白尿(十)・血尿(十)  程度(定性)、血圧正常群の場合(持続)
             尿蛋白(<0.3g/日)(持続)

B 予後比較的良好群(透析に到る可能性かなり低い)
・ 蛋白尿(十)~(十十)
・血尿(十)~(十十) 程度(定性)、尿蛋白≪0.5g/日(持続)
血圧も一般には正常(持続)

C 予後比較的不良群(20年以内に透析に移行する可能性あり)
蛋白尿0.8~2.0g/日
・クレアチニン値1.3~1.5mg/dl
・クレアチニンクリアランス(CCr)50-79ml/min/分
・高血圧140-160/90mmHg 以上の持続

D 予後不良群5年以内に透析に移行する可能性がある)

蛋白尿≧2g/日が持続
  ・ クレアチニン値1.6mg/dl以上
  ・ クレアチニンクリアランス.< 50.0ml/日
  ・高血圧160mmH /95以上の持続




・第2しもざとクリニック 腎臓内科 下郷泉

|

« ~IgA腎症(例えば)としたら~ 治療戦略 | トップページ | ~腎炎の臨床像と腎生検による組織像から4群に分類されます~ 前頁ABCDについて »

心と体」カテゴリの記事