« ~腎炎の臨床像と腎生検による組織像から4群に分類されます~ | トップページ | ~腎生検による糸球体の組織像について~ »

~腎炎の臨床像と腎生検による組織像から4群に分類されます~ 前頁ABCDについて

A
生活、仕事、運動(ゴルフ、スポーツ等)は普通どおり
食事 : 塩分制限のみ行う(8g/日以下
      蛋白質の制限はしない
禁煙 : 肥満の解消、十分な睡眠と休養 
消炎鎮痛剤や、造影剤の使用には注意が必要

B

生活、食事は上記と同等とする
蛋白尿が極めて少量の場合(0.2g/日以内)

薬剤は必要としない
蛋白尿がやや多い場合0.3g~2g/日以内)
抗血小板剤(コメリアン、ペルサンチン)ACE阻害剤(レニベース、エースコール、ロンゲス、タナトリル) AT拮抗薬(プレラン、ニューロタン、ブロプレス、ディオバン、ミカルディス)の併用、単独
腎生検(組織像):係蹄壁のゆ着が多い場合   
抗凝固療法(ワーファリン、ヘパリン)
腎機能(CCr)≧80ml/分、蛋白尿(1-2g/日以上)で、組織上
硬化病変が軽い場合
上記 + ステロイド療法

C

運動は、健康と体力維持に必要な程度とする
食事 : 食塩(7g/日以内)蛋白質(0.8-0.9g/kg/日)
      熱量(30-35kcal/kg/日)とする
CCr≧70ml/分で尿蛋白1-2g/日以上:ステロイド剤の適応に

D

生活、仕事、学業は、普通とするが過労は避けたい
食事 : 食塩(7g/日以内)蛋白質(0.6-0.8g/kg/日)
      熱量(30-35kcal/kg/日
      カリウム値が高い場合は、高カリウム食品に注意する
高血圧合併例に、ACE阻害剤、AT拮抗薬の適応
但し、クレアチニン値≧2.0の場合は、Ca拮抗薬を使いたい

 第2しもざとクリニック  腎臓内科 下郷 泉

|

« ~腎炎の臨床像と腎生検による組織像から4群に分類されます~ | トップページ | ~腎生検による糸球体の組織像について~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ~腎炎の臨床像と腎生検による組織像から4群に分類されます~ 前頁ABCDについて:

« ~腎炎の臨床像と腎生検による組織像から4群に分類されます~ | トップページ | ~腎生検による糸球体の組織像について~ »