« 2011年1月 | トップページ

~腎生検と組織診断~

~腎生検と組織診断~


採取した検体を3種類の顕微鏡(光学、蛍光、電顕)にて解析し、病理組織診断を行います。それに基づいて腎炎の治療方針を決め、予後を推測します。

腎生検は、医療の安全を期すため、約1週間の入院を要します。

名古屋市立大学病院の例
入院(午前)、検尿、採血、画像診断等の検査
腎生検、24時間安静(トイレ歩行は可)へ。
安静解除へ(院内歩行可)。
組織診断の説明(電顕除く)
退院

腎生検は、局所麻酔し、エコーガイド下で経皮的に行います。
生検針を背中側より進入させ、約8㎜の長さ、マッチ棒の軸大の
組織(腎臓の皮質で糸球体が多く分布する場所)を採取します。

 第2しもざとクリニック  腎臓内科 下郷 泉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

~腎生検による糸球体の組織像について~

腎生検による糸球体の組織像について




予後良好群  糸球体に軽度のメサンギウム細胞の増殖と
基質の増加のみを認める。
糸球体の硬化像(-)
半月体の形成(-)
ボーマン嚢とのゆ着(-)

B

予後比較的良好群 糸球体に軽度のメサンギウム細胞の増殖と
基質の増加のみを認める。
糸球体の硬化
半月体の形成
ボーマン嚢とのゆ着
を認める糸球体は、10%未満である。

C

予後比較的不良群  中等度のびまん性のメサンギウム細胞の
増殖と基質の増加。10ー30%の糸球体に硬化、
半月体の形成、ボーマン嚢とのゆ着を認める。

D

予後不良群  高度のびまん性のメサンギウム細胞の増殖と
基質の増加。30%以上の糸球体に硬化、半月体
の形成、ボーマン嚢とのゆ着を認める。

 第2しもざとクリニック  腎臓内科 下郷 泉

|

~腎炎の臨床像と腎生検による組織像から4群に分類されます~ 前頁ABCDについて

A
生活、仕事、運動(ゴルフ、スポーツ等)は普通どおり
食事 : 塩分制限のみ行う(8g/日以下
      蛋白質の制限はしない
禁煙 : 肥満の解消、十分な睡眠と休養 
消炎鎮痛剤や、造影剤の使用には注意が必要

B

生活、食事は上記と同等とする
蛋白尿が極めて少量の場合(0.2g/日以内)

薬剤は必要としない
蛋白尿がやや多い場合0.3g~2g/日以内)
抗血小板剤(コメリアン、ペルサンチン)ACE阻害剤(レニベース、エースコール、ロンゲス、タナトリル) AT拮抗薬(プレラン、ニューロタン、ブロプレス、ディオバン、ミカルディス)の併用、単独
腎生検(組織像):係蹄壁のゆ着が多い場合   
抗凝固療法(ワーファリン、ヘパリン)
腎機能(CCr)≧80ml/分、蛋白尿(1-2g/日以上)で、組織上
硬化病変が軽い場合
上記 + ステロイド療法

C

運動は、健康と体力維持に必要な程度とする
食事 : 食塩(7g/日以内)蛋白質(0.8-0.9g/kg/日)
      熱量(30-35kcal/kg/日)とする
CCr≧70ml/分で尿蛋白1-2g/日以上:ステロイド剤の適応に

D

生活、仕事、学業は、普通とするが過労は避けたい
食事 : 食塩(7g/日以内)蛋白質(0.6-0.8g/kg/日)
      熱量(30-35kcal/kg/日
      カリウム値が高い場合は、高カリウム食品に注意する
高血圧合併例に、ACE阻害剤、AT拮抗薬の適応
但し、クレアチニン値≧2.0の場合は、Ca拮抗薬を使いたい

 第2しもざとクリニック  腎臓内科 下郷 泉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ