« ~腎炎の臨床像と腎生検による組織像から4群に分類されます~ 前頁ABCDについて | トップページ | ~腎生検と組織診断~ »

~腎生検による糸球体の組織像について~

腎生検による糸球体の組織像について




予後良好群  糸球体に軽度のメサンギウム細胞の増殖と
基質の増加のみを認める。
糸球体の硬化像(-)
半月体の形成(-)
ボーマン嚢とのゆ着(-)

B

予後比較的良好群 糸球体に軽度のメサンギウム細胞の増殖と
基質の増加のみを認める。
糸球体の硬化
半月体の形成
ボーマン嚢とのゆ着
を認める糸球体は、10%未満である。

C

予後比較的不良群  中等度のびまん性のメサンギウム細胞の
増殖と基質の増加。10ー30%の糸球体に硬化、
半月体の形成、ボーマン嚢とのゆ着を認める。

D

予後不良群  高度のびまん性のメサンギウム細胞の増殖と
基質の増加。30%以上の糸球体に硬化、半月体
の形成、ボーマン嚢とのゆ着を認める。

 第2しもざとクリニック  腎臓内科 下郷 泉

|

« ~腎炎の臨床像と腎生検による組織像から4群に分類されます~ 前頁ABCDについて | トップページ | ~腎生検と組織診断~ »